ご神事&ご祈祷

鳴釜神事

 

「鳴釜神事」は釜の上に甑(こしき)を置いて、そのなかに洗米をいれ釜を炊いたときの音の強弱・長短で吉凶を占う神事です。

「鳴釜神事」は桃太郎さん伝説の岡山県吉備津神社が発祥の地といわれている歴史ある神事ですが伝承者が少なく希少の神事となっています。

「釜占い」とも言われ、釜の音で吉凶を占います。釜の音の響きを聞いた人が、その音声のなかで神様からのメッセージを受け取ります。同時にその音は邪気を祓う力があるといわれお祓いとしても行われています。

 

【御幣作り】龍神御幣をつくります(お持ち帰りいただきます)

 【お守り作り】神事限定のお守り

【釜鳴神事】ご神事 + 釜占い + 人形(ヒトガタ)祓い 

先に聞きたいことを定めてから、祝詞奏上などご神事で神様を勧請し、釜の音声から神様のメッセージを受けとります。人形(ヒトガタ)に邪気を封じ込めて燃やします。

 【メッセージのシェア】

各人がご神事で受け取ったメッセージをフォローします。

 【直会】龍神粥

神事のお下がりのお米でお粥を作りいただきます。

 

【茶話会】

□ ご神事 年4回

3月 春分の日 6月 夏越大祓  9月 秋分の日 12月年越大祓   TABICAイベントして開催

 

□ 毎月8日 龍神さんの日

 

祓い清め/ほうろく灸祈祷

【占い】易 手相

〇穢れとなっているものを見極め、前に進むためのご神託をお伝えします。

【お守り作り】(大麻 塩 護符)

 塩には穢れを祓い清める力とともに、あらゆるものを再生させる力が宿っています。大麻は水でも塩でも祓えない穢れを祓います。

 

「護符」を添えて「御念入れ」の祈祷を行います。

 

【ご神事】(祓い清め + 人形祓い)

〇祝詞奏上(言葉の持つ力、霊力により心の迷いや悩みをなくし祓い清められます)

〇ヒトガタ祓い(邪気を封じ込み燃やします)

 【ほうろく灸祈祷】

〇「ほうろく」という素焼きの皿を頭にのせて、その上でもぐさを燃やします。頭のてっぺんにある≪百会≫のツボをツボを刺激をして全身の気を動かします。ほうろくの灸のあとは「拭き取り護符」で全身を拭き取り体中の邪気を拭き取ります。祓い清めた後のオーラをシンギングボールで整えます。